事務所設立はレンタルオフィスで!
frame_head

レンタルオフィスのサービス内容

レンタルオフィスによってサービス内容が異なります。

時間単位で借りることが可能なところや、パソコンの貸出しができるところ、お茶やお菓子のサービスがあるところや郵便物の受け取りをしてくれるところなどもあります。

業務内容や従業員の人数により必要か必要でないかを考えて選びましょう。
最近は海外でレンタルオフィスを借りることができます。

また、個室やシェアタイプのレンタルオフィスも存在しますので、用途に合わせて借りることができ非常に便利です。

レンタルオフィスとして転用可能な物件も

自宅の一室を改造して、そこをオフィスとして活用する人々がいます。SOHOといった新しい働き方をする若者、そしてサラリーマンの方が勤務終了後、副業で自宅でビジネスをする等、形態は様々です。ただ、自宅を改造した簡易オフィスではできる事に限界がありますので、レンタルオフィスサービスを利用した方が良いかもしれません。

特にこれから作業やビジネスを本格化させたい方にレンタルオフィスは必須です。レンタルオフィスは少し本格的過ぎる、と敬遠なさる方々はオフィス転用可能となっている普通のアパートやマンスリーマンションを契約し、そこを作業場にしてみるアイデアもあります。

ハイグレードなレンタルオフィスを東京で探す

せっかく東京でレンタルオフィスを探すのであれば、ハイグレードな物件の利用を目標としたいという人もいます。もちろん、東京にはレンタルオフィスが多いので、その中からハイグレードな物件をあえて選択するという事もできます。贅沢な気分で東京のレンタルオフィスを活用する事ができるでしょう。

また、東京にあるレンタルオフィスの中から、内装にこだわりたい場合には、写真を見たり、下見を行うという事に力を入れるといいでしょう。また、東京にあるレンタルオフィスの中には、自由に内装工事を行ったりするという事ができない場合もありますので、その点に関しては要注意です。利用規約の確認はきちんと行いましょう。

サポートも重視!レンタルオフィス比較

起業準備などで従来の賃貸オフィスではなくシェアオフィスやワーキングスペース、コワーキングやSOHOなどを利用する企業が増えています。様々な形態がある中でやはりレンタルオフィスは少人数での支社運営などの際に役立つと評価する声があります。

レンタルオフィスと一言でいっても、現在はいわゆる一般的なオフィスだけではなく駅近の高級個室オフィスなどもあり用途によって使い分けられるのが企業としては嬉しいところです。昨今はただスペースを貸すだけではなく、サポートも運営会社によりバリエーションがあります。

法人登記としての使用や会議室、コピー機のレンタル、電話やインターネット回線設備済みなど有償・無償の差はあるものの幅広くチョイスすることができます。用途によって必要なものだけを揃えたレンタルオフィスの活用でより一層の飛躍を目指す会社も増えています。

レンタルオフィスの詳細について

大阪や東京などの都心にあるレンタルオフィスには大きく分けて、月極型とドロップイン型の2つの形があります。ドロップイン型はアポなしで店に入り、利用する時間に応じてお金を支払うものです。2時間だと300円、1日じゅう利用するようであれば1000円というような感じです。

比較的リーズナブルな価格ですので気楽に利用することが可能ですが、一人当たりの作業できる面積が小さいのが特徴です。それに比べて、月極型は会員契約をむすび、月額の料金を支払って利用することができます。更には月極型を発展させることもでき、利用者にとっての居心地を大事にしている形式もあります。

月単位だから入れ換えも自由なレンタルオフィス

レンタルオフィスなら、自由に事務所の規模を変更することができます。最初は2名で契約した小さな事務所であっても、業績にともなって人員を増やすことになったら、さらに広いスペースのレンタルオフィスに移ることが可能です。

また中には100名規模に対応できる会議室が24時間利用できたり、受付係がいる近代的なオフィスビルもありますので、その時々の会社のニーズに合わせたオフィスの使い方が可能となります。もちろん、縮小したい場合も変更できるものです。

このように、月額制レンタルならではの、柔軟性と利便性の良さがあります。

レンタルオフィスに関連する記事

frame_bottom